どれも名品!我が家で活躍中の野田琺瑯アイテムを紹介します

どれも名品!我が家で活躍中の野田琺瑯アイテムを紹介します

あなたの好きな色は何色ですか?

わたしは断然「白」です。

真っ白なものって潔さや凛々しさを感じるし、ちょっとクリームがかった白もあたたかみがあって大好きです。

そんな白好きさんがよく愛用していて、暮らしの記事にもよく名前が出てくるものといえば「野田琺瑯」です。

わたしも野田琺瑯が大好きで、我が家で使っている野田琺瑯のアイテムはどれもお気に入りばかり!

今回は我が家で毎日大活躍してくれている野田琺瑯のアイテムたちをじっくり紹介していきます。

それではごゆっくりどうぞ~(*´∀`*)

 

野田琺瑯 アムケトル (やかん)

野田琺瑯アムケトル_ホワイト

野田琺瑯のなかでも、人気の高いのがやかんです。

やかんの種類も「アムケトル」の他にも「ポトル」「ランブルコーヒーポット」「キリンコーヒーポット」「ケトル mono」など種類がたくさんでどれにしたらいいか迷います。

その中でもなぜ「アムケトル」を購入したのかというと、見た目に一目惚れしたからです。

 

ころんとした見た目に一目惚れ&機能性も十分

やっぱりこれが第一ですよね。毎日使うし、普段出しっぱなしにしておくものだからこそ一目で「コレかわいい!」と思ったアムケトルを選びました。

直観で選んだものですが、他のやかんに比べて機能性も高いと感じました。

  • 持ち手がホーローじゃないから熱くなりにくい
  • 他のやかんよりもたくさん水が入る(2.0リットル)
  • 底面が広いからコンロに置く時の安定感が抜群
  • 汚れてもアルカリ電解水で拭けばすぐに落ちる

実際に使ってみても「いい買い物したなぁ」と思える、とても満足度の高い野田琺瑯アイテムです。

 

野田琺瑯 ホワイトシリーズ バット 15取・18取・21取

野田琺瑯バット

料理に欠かせないのがバット。

わたしはバットを買うなら、絶対この野田琺瑯のものを買う!と心に決めていました。

そして選ぶときも、入れ子にしてしまっておけるサイズはどれか慎重に選んで買いました。

ちなみに入れ子にするとこんな感じです。

野田琺瑯のバットを入れ子にした状態

すっきり収納できるのでサイズ違いで買うなら、この15取・18取・21取で揃えるのをおすすめします。

野田琺瑯のバットの使い方

切った野菜を入れて冷蔵庫にしまったり、包んだ餃子を並べておいたりと、とにかく毎日よく活躍するのですが、先日この野田琺瑯のバットだからこその使い方を知りました。

それは「作ったハンバーグを並べておいて、そのままバットごと直火で焼く」です!!!

Instagramで見て知ったのですが、琺瑯だからこそ直火OKだし、並べておいたものをそのまま焼いてしまえばわざわざフライパンを出す必要がありません。

なんて素敵な発想だろう!と感動しました。

あとは、お菓子作りの型として使う方法も有名ですよね。我が家にはオーブンレンジがまだないので、買ったらこのバットでケーキを焼くのに憧れています。

 

野田琺瑯 たらい 小

野田琺瑯たらい小

わたしはこのたらいを、ふきんの煮洗いの鍋として使っています。

小と名前がついていますが、大きさは底面が21センチ、直径が33センチと割と大きいです。

なぜ煮洗い用にしているのかというと、このたらいの形状がたっぷり水が入るのに吹きこぼれしにくいんです!

酸素系漂白剤を水に溶かして沸騰させるので泡が出やすくて、普通の鍋だとよく拭きこぼれるので大変でした。

でもこのたらいにしてから吹きこぼれゼロです。

そしてお湯を捨ててから冷めるのも早いので、取り扱いがラクです。

ふきんは毎日清潔にして使いたいので、煮洗いは欠かせないのですが、このたらいを買ってから煮洗いのハードルがぐんと下がりました。

10分あれば出来る!ふきんの煮洗いで毎日を清潔に10分あれば出来る!ふきんの煮洗いで毎日を清潔に

 

以上が我が家で活躍している野田琺瑯のアイテムでした。

琺瑯の白って独特の風合いがあって本当に素敵です。これからもたくさん使って、長く愛用していきたいと思います。

それでは今日はこのへんで(о´∀`о)