YouTube版「おだやかぐらし」もよろしくね

在宅フリーランス主婦のタイムスケジュール。家事と仕事を両立するには?

在宅フリーランス主婦のタイムスケジュール。家事と仕事を両立するには?

わたしはフリーランスの文筆業として、在宅で仕事をしています。

そのことを話すと「1日のスケジュールってどんな感じ?家で仕事するってどんな風なの?」とよく聞かれるので、今回はわたしの1日のスケジュールを紹介しながら、家事と仕事を両立させていくために工夫していることを書いていきます。

在宅で働きたい方やフリーランスの主婦の生活が知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

それではごゆっくりどうぞ〜(*´∀`*)

 

家事と仕事の両立ポイント1:朝は家事に集中する

6:30 起床・身じたく・ゴミ出し・洗濯・朝食・手帳タイム

朝は毎朝6時半に起床。

夫を見送ったあとに着替えと軽いメイクをします。

ゴミ出しをして、戻ってきたら洗濯をスタート。

洗濯中に軽めの朝食を用意してササッと食べます。

朝食後は手帳を開いて、これからのスケジュールとやることを確認しています。

 

7:30 食器の片付けとキッチン掃除、お風呂・トイレの掃除

水回りの掃除はまとめて一気に済ませます。

食器洗いのついでにキッチン掃除をしてから、お風呂掃除とトイレ掃除をするのが習慣です。

水回りは常にきれいにしておきたいので、この時間はかなり真剣に掃除しています。

 

8:30 床掃除・玄関の掃除・洗濯物を干す

水回りの掃除が終わって一息ついたら、すべての部屋に掃除機をかけます。

床にモノを置いていないので、丁寧にかけたとしても洋室2部屋とダイニングキッチンの3部屋で、合わせて10分くらいです。

掃除機をかけたら、クイックルワイパーのウェットシートで水拭きをします。

その後、玄関のたたきのほこりをほうきでまとめてからアルカリ電解水を使って水拭き。

最後に、洗濯物を部屋干ししたら、朝の家事は終了です。

このように、朝のうちに1日の家事の8割は終わらせてしまうと、1日を効率的に過ごすことができるのでおすすめです。

 

家事と仕事の両立ポイント2:仕事中はほかのことは忘れる

9:00 仕事開始

だいたい毎日9時ごろに仕事を始めます。

数時間おきに休憩をはさみながら、16時くらいまで作業をしています。

文章を書くのはとにかく頭を使うので、なるべくほかのことは考えないようにしています。

16時までは仕事!と決めて、家事やいろいろなことは完全に忘れるのがポイントです。

他のことをやり出すと集中力が切れてしまうので、休憩の時以外はとにかく仕事に集中するようにしています。

 

16:00 夕食の買い出し・散歩

以前は18時まで仕事をしていたのですが、今は16時に切り上げて、夕食の買い出しついでに気分転換のための散歩をするようになりました。

普段の買い物はネットスーパーで済ませることがほとんどなのですが、足りないものや鮮度が良いものを買いたい時は近所のスーパーに行きます。

 

17:00 夕食の下ごしらえ

17時からは夕食作りにとりかかります。昆布と鰹節で出汁をとったり、野菜をきざんだり下ごしらえをしておきます。

作り置きのおかずを作る時はこの時間にすることが多いです。

 

18:00 お風呂

下ごしらえが終わったら、お風呂に入ります。

わたしは料理が苦手で、ある程度下ごしらえが終わってからでないとゆっくりできないタイプなので、このようなスケジュールになっています。

 

家事と仕事の両立ポイント3:夜の家事で明日をラクにする

19:00 夕食の仕上げ

夫の帰りがだいたい20時ごろなので、それまでに夕食を仕上げます。

作りながら調理器具の片付けも行うと、後片付けがとても楽になります。

 

20:00 夫帰宅・夕食

夫が帰ってきてお風呂に入っている間に、夕食を盛りつけます。

食べているあいだは、夫が好きなYouTubeチャンネルを一緒に見ていることが多いです。

 

21:00   キッチンリセット・ふきんの煮洗い・洗濯物の仕分け

夕食が終わったら、食器や調理器具などを洗い、ふきんで拭いてそのまま棚にしまいます。

食器をそのままにして寝てしまうと、朝は食器洗いからスタートしなくてはならず無駄な時間をとってしまうのと、何より山積みの食器を見て朝のテンションがガクンと下がります。

なので、どれだけ面倒でも食器洗いだけは絶対に済ませるようにしています。

食器と調理器具の後片付けが済んだら、ダイニングテーブルと調理台、シンクをパストリーゼ(アルコールの除菌スプレー)を吹きかけてキッチンペーパーで拭いていきます。

コンロ周りの油汚れも、アルカリ電解水でその日のうちに拭き取ってしまいます。

キッチンを夜の間に、完全に元の何もない状態にリセットしてしまうと、汚れがたまらないのでおすすめです。

 

キッチンリセットが終わったら、ふきんの煮洗いをします。

煮洗いについては「10分あれば出来る!ふきんの煮洗いで毎日を清潔に」という記事で詳しいやり方を書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

キッチンリセットが終わったら、夜の間に洗濯物を仕分けてネットに入れておきます。

この作業をやっておけば、あとは朝に洗濯機にそのまま入れるだけなのでラクです。

これで夜の家事は終了です。朝に8割終わらせているので、夜はキッチンリセットがメインです。

次の日の自分のために、その日の家事はその日のうちに終わらせて、次の日に持ち越さないと決めています。

夜はゆっくり休みたくなりますが、少しだけ頑張っておくと、翌日も気持ちよくスタートできる気がします。

 

23:00 就寝

夜家事が終わったら自分の時間です。夫と話したり、まったりした後に23時頃には寝てしまいます。

睡眠はたっぷりとって、新しい1日に備えます。

 

家事と仕事を両立させるポイントまとめ

以上がわたしの1日のスケジュールでした。

家事と仕事を両立させるポイントは次の3つです。

家事と仕事を両立させるポイント
  1. 朝に集中して8割の家事を終わらせる
  2. 仕事時間にはほかのことは考えない
  3. 夜は次の日をラクにするための家事に徹する

 

家事はもっと時短させる方法もありますが、わたしは家事が好きなのでなるべく丁寧にこなしつつ、仕事と家族の時間をとるにはどうすべきかを考えたらこの形になりました。

我が家はまだ子どもがいないので出来るスケジュールだと思いますが、少しでも参考になればうれしいです。

それでは今日はこのへんで(о´∀`о)